2012年11月05日




ここ2〜3日で急に寒くなった上海。




つい先日まで半袖でもいけたのに、

いきなりコートレベルの寒さ。 (すでにダウン着てる人も)




上海には秋がないらしい。






国慶節に日本の秋を堪能しておいてよかった。

四季があるってすばらしい。







帰郷時、友人が連れて行ってくれたのは秋の棚田。





棚田までの道のりは











sk2.JPG
とってものどか。








sk.JPG
のどか。












sk3.JPG
英語の発音ものどか。












日本の棚田100選のひとつ、大蕨(おおわらび)の棚田






sk13.JPG
稲杭がきれいに整列。



子泣きじじいがいっぱい並んでるみたいで、なんだかかわいい。



今は稲も機械乾燥が多くなりましたが、これは昔ながらの自然乾燥の形。







sk14.JPG
こっちにもいっぱい。





行き先が棚田とはつゆ知らず

奇しくも上下稲色の服を着ていたamberさん。

あやうく景色と同化しそうになり、友人から「棚田ファッション」とお褒めの言葉をいただいた次第。










続いて、こちらも日本の棚田100選に入っている椹平(くぬぎだいら)の棚田へ。

棚田のはしごです。









椹平のある朝日町はりんごの産地。







sk12.JPG
たわわに実っております。






sk10.JPG











到着。










sk9.JPG
山の緑に稲の黄緑が映えます。










sk8.JPG








sk6.JPG





sk5.JPG
大蕨の子たちに負けず劣らず、お行儀よく並んでおります。





稲刈りが始まる前の、一面黄緑色の時もまたきれいだろうし、

田植え前の水を張っている時も、空が水面に映ってきれいなんだろうと。






amberさんが見過ごしただけで、上海にもたぶん秋はあるのでしょう。

来年は見逃さないように、秋探しをしようと思います。





そんなことを思いつつも、

とりあえずきのこと鳴門金時で秋欲を満たした、乙女な夜。






にほんブログ村 ライフスタイルブログ 遊び心へ
にほんブログ村





posted by amber*gambler at 22:28| Comment(4) | TrackBack(0) | 山形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。