2012年11月21日

フライドチキンの日




1970年の11月21日、日本ケンタッキーの第一号店が名古屋にオープンしたのだそうです。




amberさんが子供のころは、まだ山形にマクドナルドがなかったのですが

ケンタッキーはしっかり?ありました。

マクドナルドができたのはamberさんが高校生くらいの時でしょうか。

ピクルスに衝撃を受けたのを覚えています。




一般的に

マクドナルドは関東では「マック」、関西では「マクド」

ケンタッキーは関東では「ケンタ」、関西では「ケンタッキー」

などとよく言われます。

山形を代表するわけにはいきませんが、

amberさんは「マック」、「ケンチキ」です。



中国でも、両者は大人気。

青島ではケンタッキーの方が優勢だった気がしますが、

上海ではどうでしょう?






世界的なチェーン店も、国によってメニューが異なるわけですが、

最近の中国ケンタッキーは、もはやamberさんの知るケンタッキーではなくなりつつあります。








fc.JPG
1〜2年前にこんなランチメニューを始めたかと思ったら

(右はチキンだからまだわかるとして、左のはもはや牛肉だし)










fc5.JPG
最近はディナーに力を入れていらっしゃるようです。(左:海老 右:牛肉)


コマーシャルも


女子:晩ごはん何食べる?
男子:ケンタッキーにしよう。
女子:えー。昼もケンタッキーだったんだけど...
男子:夜のケンタッキーは違うんだぜ!

的な感じです。



残念ながらamberさんはランチもディナーも試したことがありません。






青島にはなかったのですが、上海では「東方既白」という

中華料理のファーストフード店をちらほら見かけます。




fc3.JPG
こんなオレンジカラーのお店です。










fc4.JPG
このお店、なんとケンタッキーの姉妹ブランドらしい。

(ケンタッキーは中国語で肯徳基と書きます)



たとえこうやって堂々と書かれていても、たとえ国際空港にお店があろうとも、

「本当に?」と疑ってしまうのは私だけではないはず。



近所にもお店があり、今まで入ったことはなかったのですが

先日、「時間がないけどおなかが空いた。でもマックは満員」なランチ時に入ってみました。










fc2.JPG
麻婆豆腐チキンごはん 

スープor紅茶付きで15元(約180円)

ケンタッキーの系列店を意識してか、麻婆豆腐も挽肉ではなく一口大の鶏肉入り。


お味の方は、この値段でこの速さならこんなものかな。

普通の中華料理店は人数がいないと楽しめないので

おひとりさま中華には最適かと。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 遊び心へ
にほんブログ村




posted by amber*gambler at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 今日は何の日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。