2010年09月09日

重陽の節句



縁起がいいとされる陽(奇数)の一番大きい数、9が重なる日で「重陽」。

菊の花を愛でたり菊酒を飲んだりして長寿を願う日。


中国でも日本でも、最近は一部の地域でしか行われていない習慣のようで

会社のスタッフに尋ねても「やりませーん」との返事だったのですが

本日ジャスコの花屋さんはすごい人だかり、

行きつけの花屋さんは超品薄状態。


んーやっぱりやる人はやるのか、と思ったのですが

売っているのも買っているのも菊ではなく、カーネーションやバラの花。


よくよく聞いてみると、

「明日は教師の日だから」

なーるほど。

中国では9月10日は教師の日。

私も日本語教師時代はお花をいただいたものでした。



今日は予定がぽん、と空いてしまったので

「ひとり重陽の節句」をやろうと花屋さんに寄ったのですが

菊が売っていなかったので





cy.JPG
カーネーションを愛でながら晩酌(得意の手酌)





…さびしそうですか?





cy2.JPG
いやいや、よく見ると氷がハート型だったりするのです。

ハッピーな感じがしませんか?  …え、しない?



まぁともかく、菊の花でも菊酒でもないけれど

日本にいる家族の長寿も祈りつつ。

菊のお浸しに思いを馳せつつ。





あ。そういえば菊(食用菊)って東北(日本の)でしか食べないのか…?



↓お蔭様で27位におります。
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村




posted by amber*gambler at 23:58| Comment(8) | TrackBack(0) | 今日は何の日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
重陽の節句って、古文で習った、というか出てきた、くらいの印象しかありません。

教師節、台湾では毎年の9月28日。これは孔子様の誕生日なんだそうで、国民の祝日です。

小学生の頃、父から「これも食べられる」、と教わって食用菊を口に入れ「苦い」経験をした覚えがあります。東北の人は好んで食べているのでしょうか。
Posted by 招き猫監視員 at 2010年09月10日 18:25
amberさん ちはー(^^)/

中国では菊のお花のお茶はありますけれどなー
食べるはおいしいですか(^_^;)

amberさん、今27じゃなくてとっても上にあるよ。(^_-)
Posted by QingdaoWebスタッフ at 2010年09月11日 12:47
仕事上では食用の小菊を使っていたので
なんとも思わなかったけど、今考えると
あれは『ただの飾り』と思っている人が多かったのかと思った。

27位じゃなくて7位だよ〜
すご!!!
Posted by 玉こば at 2010年09月11日 16:05
一人、侘しく菊酒を飲むのも偶には良いかも知れないですよ。
私事ですが、ブログを移転しました新アドレスはhttp://pinboke-blog.com/です。
よろしければリンク変更お願いします。
Posted by ぱふぱふ at 2010年09月11日 18:09
>>招き猫監視員さん

子供の頃は私も菊はあまり好きではなかったのですが
今となっては懐かしい祖母の味です。
茗荷などもそうですが、子供のころ苦手だったものに限って
大人になると大好物、ということが多いので
大人の舌でもう一度試してみてはいかがでしょう?
Posted by amber at 2010年09月12日 01:07
>>QingdaoWebスタッフさん

こんにちはー。お久しぶりです。

菊は独特の味がするので
香菜みたいに好き嫌いがはっきり分かれると思います。

お蔭様で!いつもクリックありがと〜
Posted by amber at 2010年09月12日 01:28
>>玉こばさん

私も昔から普通に食べていたので
青島に来てから他の地域ではあまり食べないことを知りました。

さっき見たら4位になってました…
いつもクリックいただいてありがとうございます♪
Posted by amber at 2010年09月12日 01:33
>>ぱふぱふさん

一人の時間も大切だなぁとしみじみ感じる今日この頃です。
「侘しい」は余計ですが…

ブログ移転おめでとうございます。
リンク変更了解でーす。
Posted by amber at 2010年09月12日 09:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。