2013年01月08日

初心者のための上海観光




あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いたします。




この年末年始は、日本から妹が遊びに来ていました。

まだまだ上海初心者のamberさんが、「ベタ」好きの妹様を3日間連れまわしました。






1日目。






csg1.JPG
お馴染み「小楊生煎」にて、焼き小籠包と春雨スープの朝ごはん。

定番中の定番。


上海の焼き小籠包屋さんのスープは、カレー風味が一般的。

CoCo壱番もはびこっているし、どうやら上海人はカレーが好きらしい。











そして上海観光の王道と言えば












csg5.JPG
やっぱり外灘。 未来都市系のビルたち。











csg3.JPG
で、振り返れば古きよき時代の建物たち。




csg4.JPG




csg2.JPG


川を挟んでのタイムスリップ感がいかすよね。











csg8.JPG
こちらは裏外灘の圓明路。







csg9.JPG






csg10.JPG

外灘の人混みっぷりに反してここは比較的人が少ないので、ゆっくり散歩できます。




外灘の古い建物の写真だけ見せたら、「ヨーロッパに行ってきたの〜」と言ってもきっとばれません。





のんびり姉妹のため、ここでお茶タイム。



冬ですが、ここはいきがって外灘3号の7階にあるカフェ「New heights」のテラス席〜

と思っていたのですが、あいにく本日はイベントのためテラス席は閉鎖。







仕方がないので、今回はこちら





csg6.JPG
外灘の端っこにある、灯台をリノベーションしたカフェ「ATANU」










csg7.JPG
屋上席から、外灘の景色を見ながらお茶できます。



絶好のロケーションなのに、なんとお客は私たち2人のみの貸し切り状態。

寒い中いきがっているのはどうやら私たちだけらしい。




イキガリータ姉妹の観光はつづく。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 遊び心へ
にほんブログ村



ラベル:カフェ 建物
posted by amber*gambler at 23:55| Comment(4) | TrackBack(0) | 上海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最近、あるところで見た「わ男」もすごいけど、さすがは「魔都上海」ですね。
「タイムマシンに乗って行きたいところ」→「1930年代の上海」と「幕末の京都」が私のベスト2です。
Posted by 招き猫監視員 at 2013年01月11日 02:31
>>招き猫監視員さん

わ男...存じ上げずぐぐったのですが出てきません。
歴史には疎いのですが、上海は街にしっかり歴史が残っていて魅力的ですよね。

Posted by amber at 2013年01月12日 13:22
「わ男」・・・ぐぐっても出てこないかと思います。正解は小森さんのFBで・・・
Posted by 招き猫監視員 at 2013年01月14日 23:54
>>招き猫監視員さん

!!...衝撃映像でした^^
Posted by amber at 2013年01月15日 01:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。